• ホーム
  • 不正行為に対する報いは非常に大きい

不正行為に対する報いは非常に大きい

Googleなどの大手の検索エンジンは、SEO対策で不正な行為をしたサイトに対してペナルティという制裁を与えています。
ペナルティが与えられたサイトは、たとえ現状で検索順位のトップに位置付けていたとしても、検索順位を大幅に下げられてしまいます。
確認方法は簡単で、検索順位をみれば一目瞭然です。
Googleが提供しているウェブマスターツールを利用した確認方法も簡単で、自分のサイトが制裁対象になっていることがわかります。

まず、前提として理解しておかなくてはいけないことが1つあります。
それは、ペナルティを与えられたサイトを元の順位に戻すのは非常に困難であるということです。
Googleが提供している厳格な基準によって与えられることになりますので、その基準に該当してしまうと自動で制裁対象となります。
そのため、後からその制裁の解除のために行動をしたとしても上手くいかないことが大半です。
最善なのは、ペナルティを受けないように気を付けておくことだといえます。

一度ペナルティになってしまうと、ドメインの評価にも大きな影響を与えます。
検索エンジンは、クローラーによって情報を蓄積していますので、一度ペナルティを与えたサイトの情報もきちんと蓄積しています。
そのため、良くないドメインの情報も記録されていますのでその情報を改善することは容易なことではありません。
この前提を理解しない限り、正しい対策もできなくなります。

対策としては2つのパターンがあります。
まず、自動でペナルティが与えられた場合です。
この場合は、制裁対象となっている項目を改善していくことで順位を引き上げていくことができます。
自動のペナルティ評価の場合は、悪いと判断されている部分を自分で見つけなくてはいけません。
ただ、申請が必要ないことに大きな特徴があります。

反対に、手動でペナルティが実施されたときにはウェブマスターツールを利用することで対策ができます。
再審査に関するリクエストを送信して、審査に通った後に一定期間を経過後にまた情報が蓄積されていくようになります。
手動の場合は申請が重要になりますので、この違いに注意が必要です。

手動で悪質なサイトであると判断されたときには、どれだけ期間をあけたとしてもそのサイトの情報がインデックスされることはありません。
解除には再審査を行って、あくまでも検索エンジン側からの応答を待つ必要があります。