• ホーム
  • 検索エンジンにとって判断しやすいサイトを目指す

検索エンジンにとって判断しやすいサイトを目指す

SEO効果を最大限に発揮するためには、階層をはっきりと作ってわかりやすいサイトを目指すことが大切です。
検索エンジンはクローラーを使ってサイトの判断をしていますが、サイトの内容はソースを見て判断しています。
つまり、そのサイトのタグなどを見て状況を把握しています。
そのため、どの位置に何が存在するのかという基本的な階層を必ず作っておかなくてはいけません。
こういった階層を、サイトマップといいます。
サイトマップの作成は、基本中の基本だといえます。

また、サイト作成ではドメインとサーバーが不可欠です。
ドメインはWEBで活動するための住所の役割を果たすものであり、これがないとどの空間で活動をしているのかを検索エンジンに主張できません。
サーバーは、WEBで管理する情報を保管するために必要になります。
サーバーが存在しないとドメインなどの必要な情報も管理することができなくなりますので、この2つはサイト作成の時に絶対に準備しておかなくてはならないものです。

サイト作成に関する構造が理解できないときには、ソフトを利用した方法もあります。
あらかじめHTMLの構造を作ってくれるソフトを利用して、自分が必要としている部分だけを改善していく方法です。
費用がそれほど必要になりませんし、何よりもHTMLやCSSの基礎的な知識を準備しなくても良いというメリットがあります。
テンプレートも充実しているソフトは数多くありますので、効率性を考慮するのならばこういった方法も選択肢の1つです。

どうしても自分で行うことができないと考えるときには、代行で専門の業者に行ってもらう選択肢も存在します。
ただ、このためには代行してもらう前の手順として自分で必要なデータを準備しておくことが求められます。
例えば、サイトのデザインを自分で決めている場合にはそのデザインのデータなどをサイトの代行依頼前に業者に送っておかなくてはいけません。
元になるデータがある場合には、業者はそれを手順にサイト作成を行いますのでその準備は自分で行うことになります。

どの手段を利用するにしても、大切なのは事前準備です。
サイト作成では、この準備がないと作業を進めることができないというものが相当数存在します。
単純にサイトを作るのではなく、多くのユーザーを集めるサイトを作るためにはSEOの観点からも構造を考えなくてはいけません。
ですから、そのための準備をまずしておくことが重要です。