• ホーム
  • 検索エンジンに評価を渡さないという選択肢もある

検索エンジンに評価を渡さないという選択肢もある

基本的に、サイトで何らかのコンテンツを作成した場合、そのコンテンツの評価は検索エンジンへと渡ります。
通常ならばまったくこれで問題ありませんが、重複コンテンツが存在していた時にはこの限りではありません。
特に大手検索エンジンのGoogleは、いわゆるコピペ対策を行っていますので同じコンテンツを何度も更新すると、それだけでサイトの評価を下げてしまうという性質を持っています。
文字数などは関係ないので、重複コンテンツの扱いは必ず理解しておかなくてはいけません。

初心者が最もやってしまうのが、同一ドメインからのコンテンツの更新です。
複数のサイトを管理している場合、同一ドメインから同じような内容の更新が存在すると、検索エンジンはコピーコンテンツであると解釈してしまいます。
どれだけ文字数を増やしたとしても、テキスト内の一致率や利用している画像などが同一であったりする場合には、コピーであると判断される可能性が高くなります。
そのため、同一ドメイン内での同じような更新は避けなくてはいけません。

簡単な確認方法と対策としては、ドメインの確認と引越があります。
確認方法としては重複コンテンツではドメインも重複していることがあるため、それを確認することで比較的簡単に見極めることができます。
また、対策としても別ドメインに引越をすれば同一と認識されなくなるため、評価が下がることがなくなります。

こういったGoogleの判断は、クローラーと呼ばれる巡回ロボットによって行われます。
検索エンジンは、WEBを巡回する自動のロボットを持っており、そのロボットがサイトをクロールしていくことで情報を記憶していきます。
この情報の記憶作業はインデックスと呼ばれ、インデックスされた情報を蓄積していくことで初めて検索エンジンは正しい評価を下すことができるようになります。
そのため、ここで蓄積される情報は何よりも大切な情報です。

クロール回数の多いサイトほど高く評価されたり、認識されたりしますのでコピーだと判定されないようにするためにはそのための対策をしなくてはいけません。
簡単な方法は、nofollowを利用した方法です。
nofollowをタグとして入れておくと、該当ページの情報の受け渡しを回避できるようになります。
nofollowは簡単にできる対策であるため、特に重複コンテンツが存在すると自覚するときには即効の回避手段として有効活用できます。