• ホーム
  • 正しい方法で対策を行うことが評価が上がるポイントになる

正しい方法で対策を行うことが評価が上がるポイントになる

パソコンを見ている男性

SEO対策は、検索エンジンが認めている正規の手段であるためガイドラインも存在します。
どういった手段で評価を上げていけば良いのかが明記されていますので、そういった手段を使っておけば間違いありません。
実際に、検索エンジンが提供しているルールは非常に明確で厳格です。
不正な行為に対しては厳しくペナルティを与えますし、正規の手段を用いれば時間はかかっても将来的に必ずSEOとしての効果を発揮します。
こうした方法は、ホワイトハットと呼ばれています。

反対に、ホワイトハットのような正規の手段に対して異議を申し立てるユーザーも少なくありません。
これは、同様の手段が横行するとその中で競争が起こってしまうからです。
こうなった場合、大きな企業や資金力を有しているものがSEOを制圧することもできるようになります。
結局、公正なSEO対策をできなくなるので、このような正規の方法を利用せずにあえて悪質な方法を利用して差別化を図る方法をとることになります。
こうした方法は、ブラックハットと呼ばれています。

ブラックハットを利用するユーザーにも一定の理論はありますが、検索エンジンはこうした方法を認めていません。
特に、ブラックハット利用者の多くはバックリンクに関する悪質な方法を使うことで有名です。
これは、専門の業者ですらそうです。
例えば、悪徳業者はバックリンクを逆手にとって競合しているサイトの評価をわざと下げるような方法をとってくることがあります。
このような方法は逆SEOと呼ばれていて、検索エンジンのルール上ではやってはいけない行為です。

逆SEOは、誹謗中傷サイトに対する攻撃方法として過剰なキーワードとバックリンクによって、結果的にそのサイトの評価を下げていきます。
検索エンジンの評価はあくまでも機械的な評価であるため、評価を一度下げられたサイトはなかなか上昇することができません。
過剰なキーワードを特定の方法で使うほど、ライバルを蹴落としていくことができるので悪徳業者はこうした方法を多用することがあります。
ですから、検索エンジンの方でも対策が行われています。

ブラックハットに関しては、インターネット上で情報を上位に掲載させたくないときに利用されます。
しかし、こういった過剰な方法は好ましくありません。
別の方法を利用しても逆SEO的な方法は可能であるため、間違った選択はしないように気を付けることです。