• ホーム
  • 資格を持っていれば能力を証明できる

資格を持っていれば能力を証明できる

バックリンクを考慮したサイト作成を行うときには、様々なスキルが必要になります。
マーケティングの知識やWEBデザイナーとしての知識、そしてSEOに関連する専門知識です。
そして、これらの知識を資格試験として認定できるものも提供されています。
一覧で述べると、主に3つの種類が存在します。
それぞれ、SEO検定、SEOマーケティングアドバイザー、そして認定SEOコンサルタントです。
一覧でもわかる通り、SEOに関連するスペシャリストを認定するために提供されています。

SEO検定の難易度は、他の資格と比較してもそれほど難しくはありません。
これは階級別に試験が分けられているからです。
全部で1級から4級が存在し、SEOやWEB全体の知識に関してテストが行われます。
1級に近づくほど難しい内容の試験が行われますが、4級程度の試験であればSEOの基礎的な部分しか問われません。
テキストと問題集を準備しておけば十分に対応できますので、初心者でも挑むことが可能です。

SEOマーケティングアドバイザーに関しては、ディレクターの観点からSEOを考えていくための知識が必要になります。
文字通り、その道のスペシャリストとして一定以上の知識を持つことが条件になりますので、相応の準備が必要です。
WEBマーケティングに関連する広範な知識も問われますので、単純な知識だけではなくITに関連する幅広いスキルが必要になります。
マーケティング分野での出題ではSEOと絡めてきますので、そちらの対策も忘れないようにしておくことです。

認定SEOコンサルタントは、上記の資格の中でも最も難易度が高い資格です。
コンサルタントを育成する目的で提供されていますので、ITに関連する広くて深い知識が求められます。
SEO検定と同様の企業が提供しているため、まずSEO検定を受けてから結果を出さなくてはならないという条件もあります。
そこから、卒業課題を提出して審査を受けなくてはいけません。
コンサルティング技術の習得が必須になりますので、相応の勉強時間が必要になります。

このように、SEOに関連する資格にはそれぞれ異なった難易度と条件が存在します。
合格した場合には、その認証を貰うことが可能です。
ですから、専門的なディレクターやデザイナーとして活躍したいときには、こういった資格を有していることで本当に優秀な人材かどうかを証明することができます。