• ホーム
  • SEOではドメインの年齢は長いほど良い

SEOではドメインの年齢は長いほど良い

色々なSNSのアイコン

メインサイトを構築するときには、できるだけ長い年齢のドメインを有したものを利用する方が良いです。
ドメインの年齢であるドメインエイジは、基本的に長いほど良いSEO効果を発揮するということがわかっています。
メインサイトの場合、新規ドメインでコンテンツを作っていくとそれだけSEO効果を発揮するのが遅れますので、他のサイトと比較して遅れとってしまいます。
そのため、メインサイトを作成するときにドメインエイジを調べておくことは必須であるといえます。

一般的に、ドメインには新規ドメインと中古ドメインの2つのタイプがあります。
新規ドメインは、無料のサーバーを取得するときであっても手に入れられるメリットがあるため、そのハードルはそれほど高くありません。
レンタルサーバーを借りる時であっても新しいドメインの取得はわずか1000円程度です。
一方で、中古ドメインの場合は高いものになれば数万円以上の値段がすることもあります。
言い換えると、それだけ大きな価値が存在するメリットがあるということです。

サテライトサイトなどを利用するときには新規ドメインであっても構いませんが、この場合もデメリットは存在します。
それは、サテライトサイトの評価を上げることが難しくなることです。
検索エンジンは情報のないコンテンツを嫌いますので、サテライトサイトのコンテンツが充実していないとなかなかバックリンクのSEO効果を向上させることもできません。
そのため、サテライトサイトで新規ドメインを利用するのならば、コンテンツをできる限り充実させる必要があります。

中古ドメインに関しては、費用が高くなってしまう懸念があります。
非常に高いSEO効果を期待できますが、評価の高いものほど値段が高いという難点があります。
そのため、サテライトサイトなど複数のサイトを管理したいときには向いていません。
一方でメインサイトなどに利用する場合は、SEO対策に中古ドメインを使うことは大変効果的で、他のサイトと比較して検索エンジンに高く評価される可能性があります。
支払った費用だけの恩恵を受けることができます。

中古ドメインと新規ドメインは、双方にメリットとデメリットが存在するものですので使いどころを考える必要があります。
特に、予算が存在する場合にはメインサイトとサテライトサイトでの使い分けは必須です。
どちらも有効活用して、最もSEO効果が発揮する方法を選択することが重要です。